カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

スプーンというブレッド(弾丸)・・・九頭竜川サクラマスのスプーンゲームの有効性!

 

2018年ひでさん九頭竜川サクラマスシーズン2本目キャッチの59㌢もスプーンによるものです!

f:id:kamenozou:20180924141329j:plain

 

 

f:id:kamenozou:20180910220916j:plain

当時 スプーンゲームから始まった九頭竜川サクラマス釣りなので僕の仲間内はみんなスプーンが得意です!

 

僕自身 今現在でもキャッチするサクラマスはスプーンの方が多いかも・・・。

 

ミノーイングブームそしてディープダイビングミノーのブームで影の薄かったスプーンでしたが2018年シーズンはスプーンを使用しているアングラーをけっこう見かけましたね!

 

スプーンの利点

1 飛距離

飛ばないルアーではどうしても遠くはムリだけど飛ぶルアーなら近い距離は調整したらいいわけですからね。

 

2 レンジ・・・泳層

技術次第で思いのままです。自由度が広がります。

 

3 アピール度の高さ

ヒラヒラ大きく動くアクションはミノーを大きく上回り反射光も

派手にアピールします。

 

4 バラシとフッキングミスが少ない

なにせスプーンの場合口の中にしっかり入ることがほとんどでしかもワンフックなのでミノーのように掛からなかったあまったフックの影響を心配しなくていいです。

 

5 根掛かりが少ない

よほど不意の障害物以外は根掛かりも少なくロストも少なくて済みます。

「えっ?」と思う方も多いと思われますが僕のメソッドならそうなのです!!

 

・・・そんなスプーンのメソッドはまたゆっくりとお話していきたいと思います!

 

もちろんミノーイングの方が有利な条件とか

ミノーイングの方がファン的要素の大きい条件の場合も多々あるわけなのですが・・・もし九頭竜川にスプーンかプラグのどっちか どちらかしか持っていっては

いけないと言われたら僕の場合は・・・

 

うぅ~ん・・・

「単なる金属片」

スプーンを選びますかねっ( ̄▽ ̄)

f:id:kamenozou:20180910231028j:plain

 

 

アウトドア用品とフィッシング用品の専門店

【アウトドア&大きな重いスプーン ナチュラム 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界最先端フライフィッシング 「ヨーロピアンニンフィング習得法」