カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

母川回帰について・・・九頭竜川現場アングラーズトークからのサクラマス学。

 

ameblo.jp

九頭竜川でも

時おり予想以上のサイズのサクラマスに出会います。

 

2018サクラマスシーズンに東北地方から九頭竜川遠征のアングラーにお話を聞かせてもらいました。

内容は数年前に山形県赤川で釣られた記録的サイズのサクラマスのことから始まりその年 沖の定置網漁で豊漁大漁だったサクラマスの遺伝子を調べたところロシアから来たシーマの種の遺伝子を持つサクラマスがかなりいた・・・ということでした。そうその年九頭竜川も例年にない数のキャッチ数の年だった・・・っけ?

九頭竜川にも勢力を伸ばすためロシアから開拓者の魂を持つ個体が遡上するのを想像するとワクワクしますねぃ( ̄▽ ̄)

 

 

九頭竜川生まれと思われますが・・・

f:id:kamenozou:20180924121532j:plain

5月の中旬のフレッシュランの3.6㎏は朝5時前の第一投目でした。

小さなサイズの遡上が主流の時期のこのサイズも予想外でしたが

当時はこのサイズはそれほどめずらしくなく・・・

ここ最近は九頭竜川サクラマスのサイズが小ぶりになったと感じるのは僕だけではないと思います。

 

 

ちなみに鮎の母川回帰はちょっと臨機応変かもしれません。

僕の地元の小規模河川に秋の台風の氾濫で海に流された

大規模河川の大きな鮎が大量に遡上して産卵した年がありました。コロガシ釣りどころかバスロッドや万能竿で

たくさんのひとが釣りに来てそれを見物するギャラリーまで出てそりゃたいへんな騒ぎのお祭り騒ぎでしたよ・・・( ̄▽ ̄)

 

それなのに

小規模河川で生まれてももともとの大規模河川に遡上した・・・?

次の年に地元小規模河川の鮎の豊漁の話題は残念ながらなかったです。

 

それどころか今年になってこの川の漁業協同組合がアユから撤退することになってしまいました。

 

 

 

 

 

アフリエイトを始めるなら