カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

サクラマスロッドについて~初めて九頭竜川のサクラマスに挑戦される方へ

 

 

初めて九頭竜川サクラマスを釣りに行こう!

・・・そう決心したもののまず悩むのはロッドの選択ですね!

僕たちが初めて九頭竜川サクラマスを始めたころは専門のロッドも少なくシーバスロッドを流用してるアングラーのも多く見かけました。

今現在のサクラマス専用と銘打ったロッド・・・

なにせ「高いっ!!」「高価っ!!」

サクラマスルアーフィッシングの

ハードルが高い・・・と言われる理由のひとつですね。

そりゃ~アングラーのみなさんが

「流れにのった青物並みにパワフルなサクラマスを止めるバットの強さ・・・」

とか

「軽いミノーをキャストして・・・」

その上

「トゥイッチングなどのテクニカルな操作性」

なんて注文つけたら値段も高くなっていきますよ・・・。

 

どんなのがいいのっ?

 

ロッドってアングラーそれぞれの感覚や感性によるものも大きくどれがいいロッドっていう正解はないですもん・・・。

でも九頭竜川サクラマスに挑戦する覚悟として長さ8フィート3インチあたりから9フィート専用ロッドを購入することをおすすめします。

中古でも程度のいいロッドが出てるのを釣具店でも見かけることも多いですよ。

 

僕の使ってるロッドですか・・・

f:id:kamenozou:20181012131154j:plain

古いumfウエダのトラウトプラッキングスピン902のハードタイプ

とハードタイプの832を使い分けてます。

僕にはこのくらいゆるいロッドが感覚的にいいです。

 

そして下流域なんかの立ち木の間からやヨシ原が後ろに

茂ってるポイントに入るときはパワフルな・・・

f:id:kamenozou:20181012131933j:plain

というよりティッブに張りのあるダイワ製のこれまた古い

シルバークリークの初期モデルをいまだに現役で使ってます。

バックスイングが取れないポイントでティッブだけでキャストします。

 

僕の友人の中には下流域ではあえてumfウエダのシーバスロッドを

チョイスしてるベテランアングラーもいます。

 

でも現代風な細くてバッドが強くてティッブが繊細で

PEラインも絡みにくいガイドシステム・・・

とにかくデザインも洗練されてカッコよく

所有感も満足させるロッドもすごく魅力的なので

覚悟があるアングラーならぜひチョイスすることを

おすすめしますね。

一本釣り上げる前にギブアップしてあきらめない

抑止力としても・・・( ̄▽ ̄)

 

で結論っ!

 

しっかり悩んで選ぶのも楽しみ

・・・で

それもアングリングなのです。

そのあたりからもう高いと言われるハードルはすでに越えてるわけなのですよ。

 

2019九頭竜川サクラマスシーズン 

九頭竜川の現場で

ぜひ選んだロッドを見せてくださいねっ!!

 

 

 

スミス(SMITH LTD)インターボロンXX IBXX-87-BSP

 

 

初対面の女性の心を一瞬で麻痺させ誘導する禁断のメンタリズム 即効女性心理誘導術

 



 

アフリエイトを始めるなら