カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

1993年から通い続ける九頭竜川。今知っている九頭竜川サクラマスの事を …闇雲に通ったあの頃の僕が知りたかったことを仲間たちのエピソードとともに綴ります。

サクラマスロッドについて~初めて九頭竜川のサクラマスに挑戦される方へ

初めて九頭竜川サクラマスを釣りに行こう!

・・・そう決心したものの、まず悩むのはロッドの選択ですね!

僕たちが初めて九頭竜川サクラマスを始めたころは

専門のロッドも少なく、シーバスロッドを流用してるアングラーも多く見かけました。

今現在のサクラマス専用と銘打ったロッド・・・

なにせ「高いっ!!」「高価っ!!」

サクラマスルアーフィッシング

ハードルが高い・・・と言われる理由のひとつですね。
 

  そりゃ~アングラーのみなさんが

「流れにのった青物並みに、パワフルなサクラマス

止めるバットの強さ・・・」

とか

「軽いミノーをキャストして・・・」

その上

「トゥイッチングなどのテクニカルな操作性」

なんて注文つけたら値段も高くなっていきますよ・・・。

 

どんなのがいいのっ?

 

ロッドってアングラーそれぞれの

感覚や感性によるものも大きく

どれがいいロッドっていう正解はないですもん・・・。

でも九頭竜川サクラマスに挑戦する覚悟として長さ8フィート3インチあたりから9フィート専用ロッドを購入することをおすすめします。

中古でも程度のいいロッドが出てるのを釣具店でも見かけることも多いですよ。

 

僕の使ってるロッドですか・・・

f:id:kamenozou:20181012131154j:plain

古いumfウエダのトラウトプラッキングスピン902のハードタイプ

とハードタイプの832を使い分けてます。

僕にはこのくらい

ゆるいロッドが

感覚的にいいです。

 

そして下流域なんかの、立ち木の間からや、

ヨシ原が後ろに

茂ってるポイントに入るときはパワフルな・・・

f:id:kamenozou:20181012131933j:plain

というよりティッブに張りのある

ダイワ製のこれまた古い

シルバークリークの初期モデルを

いまだに現役で使ってます。

バックスイングが取れないポイントでは

ティッブだけでキャストします。

 

僕の友人の中には、下流域ではあえて

umfウエダのシーバスロッドを

チョイスしてるベテランアングラーもいます。

 

でも現代風な細くてバッドが

強くてティッブが繊細で

PEラインも絡みにくいガイドシステム・・・

とにかくデザインも洗練されてカッコよく

所有感も満足させるロッドも

すごく魅力的なので

覚悟があるアングラーならぜひチョイスすることを

おすすめしますね。

M&Nコーポレーション トゥイッチン スペチアーレ ボロン TS-806 MN-HTZ というサクラマスロッド - カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

www.kamenozou.com

一本釣り上げる前にギブアップしてあきらめない

抑止力としても・・・( ̄▽ ̄)

 

で結論っ!

 

しっかり悩んで選ぶのも楽しみ

・・・で

それもアングリングなのです。

 

そのあたりからもう高いと言われるハードルはすでに越えてるわけなのですよ。

 

2019九頭竜川サクラマスシーズン 

九頭竜川の現場で

ぜひ選んだロッドを見せてくださいねっ!!

M&Nコーポレーション トゥイッチンスペチアーレ ボロン TS-806MN-HTZ (大型商品A)

価格:89,650円
(2020/1/14 18:29時点)
感想(0件)

 

そのほか

 楽天でのお買い物の際は…ぜひ

当ブログのこのリンクを思い出して

いただけるとありがたいです。

ブログ更新する励みになります!

よろしくお願いします👇