カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

サクラマスと櫻鱒 さくらます 桜鱒の表現のちがいって?

 

 

2017年ひでさんの九頭竜川サクラマスは僕の見てる対岸で・・・!

f:id:kamenozou:20181018113232j:plain

2018シーズンもこのルアーのこのカラーでのヒットシーンを幾度か目撃しました。

 

 

で今日のお話です。

 

サクラマス櫻鱒 さくらます・・・桜鱒

どんな使い分けなのでしょうか?

 

インスタグラムのハッシュタグ

確かめてみましょう!

 

#サクラマス

僕も上の写真をサクラマスと書いたように

釣ったサクラマス・・・

アングラーの投稿が多く

釣りの対象としての表現が多いですね。

 

#櫻鱒

想像では料理の対象

それもプロによる投稿が多く占めると思いきや

これもアングラーによる投稿が多いですね。

アングラーはロマンティスト?( ̄▽ ̄)

僕はインスタグラムには#サクラマス

投稿してたので初めて見る写真もたくさんでした。

 

#さくらます

この表現の投稿に料理の写真が多いです。滝のジャンプ・・・遡上シーンもたくさんで「ピンク、ぺっこん」でしたね・・・絵本のメルヘンチックなシーンを思い出してしまいます。

 

それにしても美味しそうってか美味しいのです( ̄▽ ̄)

 

#桜鱒

ここが一番範囲が広そうです。

釣りもあり料理・・・そしてカッコいい剥製もありますね!

ハンドメイドのルアーなんかもたくさんです。

 

 

同じ発音なのに書き方・表現される文字がたくさんのサクラマス

それだけ多くの人々に愛されてるワケですね。

 

みなさんはどの表現が好きですか?( ̄▽ ̄)

 


 

アフリエイトを始めるなら