カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

九頭竜川アングラーから見る・・・ヤマメとサクラマスの違い。

スポンサーリンク

 

 

一般的に川で一生を終えるサクラマスの個体を

ヤマメと呼ぶワケで・・・

 

 

戻りヤマメ・・・?

ちょいと海を見てきたサクラマス・・・?

九頭竜川では時おり

「どっちかな?」

という個体にも出会います。

 

国道8号線上流の通称「土管」

右岸のガンガンの流れ込みの頭で

釣ったサイズは40㌢弱。

f:id:kamenozou:20181105185100j:plain

カラーはほぼサクラマスですが

顔が幼いってかやさしいです。

ヤマメとしてはグッドなサイズですが

サクラマスにしては

もの足らない・・・?

 

ただ僕がこの魚を釣った同時刻に

下流部のポイントで

くまさんがいいサイズのサクラマス

バラしたらしくどちらの個体も

活性の上がるタイミングは共通みたいですね。

 

そして5月中旬になると

「ブルブルサイズ」といわれる

40㌢くらいでも確実に

海で育ったであろう個体も遡上して釣れます。

 

九頭竜川サクラマスアングラーから

見れば・・・

どのタイプが釣れても

とてもうれしいことに違いはありません( ̄▽ ̄)

 

cgi2.nhk.or.jp

 

スポンサーリンク

 

 

 

 かに通販で【毛ガニ】【ズワイガニ】【タラバガニ】をはじめ、  プロが厳選した海鮮物専門店の【北海道海鮮工房】です。  北海道ならではの美味しい海の幸を産地直送で全国へお届けします。  北海道の人気海産品や当店自慢のオリジナル商品も多数取り扱ってます! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZS4X9+3WIBJM+3KNY+5YZ77