カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

根っからの「鱒族」で「アブラ鰭フェチ」

このブログに登場の

ひっさんとは、小学生からの

幼なじみです。

 

僕たちが「鱒族」に

あこがれを抱いたのは

やはり漫画の釣りキチ三平でした。

 

ふたりは、なんせ中学生の頃には

電車乗り継いでアマゴ釣りに行ったり

 

なんと水泳部に入った、ひっさんは

文化祭の出し物でプールに

虹鱒を放して釣り堀を

開催したくらいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車免許を取ってからは

毎週のように源流部に

イワナやアマゴを求めて地形図を

頼りに歩き回りました。

 

九頭竜川サクラマスに出会って以来

4月には九頭竜川でいっしょに釣りをする…

暗黙の約束で25年ですねぃ。

f:id:kamenozou:20190115184753j:plain

noteにも記載した

九頭竜川サクラマス発展期の4月でした。

この日の午前中は上流域のポイントの

ランガンで行く場所、行く場所で

アタリがあるような日に当たりました。

「新巻きサケみたいな大きさ」九頭竜川サクラマス - カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

www.kamenozou.com

 

 

そんなお話を書いたnoteを

よろしくお願いいたします。

今また九頭竜川にサクラマスを釣りに行く|カリスマ@アフロ|note

note.mu