カリスマ@アフロの九頭竜川サクラマスよもやま話

九頭竜川サクラマスブログ 1993年から現在までの記録を物語風に伝えたいと思います。

サクラマスに使う、スナップのこだわり

僕は、サクラマス釣りに使うスナップには

フック同様に、かなりこだわります。

 

九頭竜川サクラマスを掛けて

スナップが

「開いた…」「開かれた…」

という、バラし方を

少なからず耳にするからです。

          

 スナップがファイト中に開く原因として

思いつくのは

材質、使用しているワイヤーが細すぎた…

というのもあるかもしれませんが

サクラマスがローリングして

巻いてしまったラインがスナップに

当たった拍子に開いたのかもしれません。

 

そんないろんな想像で、たどり着いて

20年以上、使用してるのが

f:id:kamenozou:20190617101857j:plain

ウォーターランドのスーパースナップです。

f:id:kamenozou:20190617102136j:plain

 

サイズの割りに、ぶっといワイヤーで

そして

「巻き」…ヒゲの部分が

しっかり曲がっていて

長いのが安心感です。

f:id:kamenozou:20190617103156j:plain

 

           Ads by Google

 

 

 

 

シーバス創成期の頃のこと

リップレスミノーがボトムに当たったのを

アタリと勘違いしてアワセた後の

キャストでスナップが開いてて

ルアーだけ飛んでったという

エピソードを聞いたことがあります。

リップレスミノーはアイの辺りが直に

ボトムに当たるからですね。

 

ラインを巻きすぎて、トップガイドに

スナップが当たって、開いて

次のキャストで

ルアーだけ飛んでったってのは

もってのほかですが…(笑)

 

ラインに比べて、イメージ的に

ハードに感じる金属のスナップですが

繊細にこだわっても、いいと思います。

 

           Ads by Google 

 

 

 

1993年からのスプーンドリフトゲーム、2019年の一本目を例に。九頭竜川サクラマスのテクニカル‘note’|カリスマ@アフロ|note

note.mu

全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント

 

 

 

           Ads by Google